HOME > 而立会による出版翻訳・書籍企画

而立会による出版翻訳・書籍企画


Book 必読!今、中国が面白い Vol.9

訳者而立会
監訳三潴正道
出版日本僑報社 2015年7月
定価2,600円+税

Book論説体中国語 読解力養成講座 ― 新聞・雑誌からインターネットまで

著者三潴正道 麗澤大学教授
出版社東方書店 2010年4月
税込価格2,592円
※企画・制作に而立会がかかわりました

Book 必読!今、中国が面白い Vol.8 2014-15

翻訳而立会
監訳三潴正道 麗澤大学教授
出版社日本僑報社 2014年7月
税込価格2,808円

Book 必読!今、中国が面白い 2013-14

翻訳而立会
監訳三潴正道 麗澤大学教授
出版社日本僑報社 2013年6月
税込価格2,808円

Book 必読! 今、中国が面白い 2012-2013年版

翻訳 而立会
監訳 三潴正道 麗澤大学教授
出版社 日本僑報社 2012年6月
税込価格 2,700円

Book 必読! 今、中国が面白い 2011年版

翻訳而立会
監訳三潴正道 麗澤大学教授
出版社日本僑報社 2011年6月
税込価格2,808円

Book 必読! 今、中国が面白い 2010年版

翻訳而立会
監訳三潴正道 麗澤大学教授
出版社日本僑報社 2010年5月
税込価格2,376円

Book 必読! 今、中国が面白い 2009年版

翻訳而立会
監訳三潴正道 麗澤大学教授
出版社日本僑報社 2009年6月
税込価格2,160円

Book 必読! 今、中国が面白い 2008年版

翻訳而立会
監訳三潴正道 麗澤大学教授
出版社日本僑報社 2008年5月
税込価格2,052円

Book 必読! 今、中国が面白い 2007年版

翻訳而立会
監訳三潴正道 麗澤大学教授
出版社日本僑報社 2007年6月
税込価格2,052円

【出版元内容紹介】
何処からでも自由に読める!面白い!飽きない!良く解る!
これがみんな人民日報に掲載された記事!?誰もが驚く痛烈な告発、真摯な分析、深い含蓄。 1200編の候補から選び抜いた珠玉の60編が、“中国の今”を赤裸々に描き出します。

【翻訳者】
稲葉洋子・大場悦子・岡田英久・小沢千代子・小野崎正顕・金子伸一・清本美智子・石文媛・張進旺・徳永憲昭・名久井綾・野澤靖之・野村和子・広瀬由美子・福田夏花・柳川俊之・李原翔

Book 『氷点』停刊の舞台裏 ― 問われる中国の言論の自由

著者李大同
監訳三潴正道 麗澤大学教授
著者而立会
出版社日本僑報社 2006年6月
税込価格2,700円

【出版元内容紹介】
2006年1月24日、中山大学袁偉時教授の論文「現代化と歴史教科書」を載せた中国青年報付属紙『氷点週刊』が中国当局によって突然停刊させられ、その後、編集主幹・李大同氏は免職となった。
この事件は世界中のメディアに大きなニュースとして取り上げられた。また、中国国内でも多くの知識人や元高官たちが当局を非難し、『氷点』復刊を要求……
先鋭な話題を提供し続けてきた『氷点』の前編集主幹・李大同氏が、停刊事件の経緯を赤裸々に語る!

Book ジャパンスナップ ― 北京日報東京支局長として過ごした10年間

著者駱為龍、陳耐軒
監訳三潴正道 麗澤大学教授
著者而立会
出版社日本僑報社 2005年9月
税込価格2,160円

北京日報東京支局長を務めた駱為龍氏と夫人の陳耐軒氏の共著。駱為龍氏はのちに中国社会科学院日本研究所の所長を務める。日本各地で取材した経験から、多くの友人を得、多くの特色溢れる記事を書いた。著者の見た日本の社会、自然、人々と貴重な取材記録など、本書には様々な日本の姿が書き留められている。その取材対象も多彩を極め、両国の善意あふれる人々の温かい交流がひしひしと伝わり、日中友好のあり方を考えさせる好著となっている。(な)

【目次】
 1 切れない縁し  2 初めての日本特派員  3 庶民に溶け込む(我らが新居/一番寒い日/隣の一家/公害の挑戦/スーパーマーケットのカタカナ語/「下町人情」を求めて/ふるさとの祭り/旧友との再会/「五月病」/『関白宣言』/「新聞少年の目」/歌舞伎町の悲劇/『おしん』ブーム/東京人の生活リズム/ふたつの撮影賞)   4 忘れ得ぬドキュメント(「トラック野郎」と夜の400キロ/富士山登頂/花見に思う/靖国神社を検証する/「殉国七士の墓」の謎/「考古学上の新発見」) 第5章 新たな始まり――中国社会科学院の殿堂に踏み入る


▲ページトップに戻る